MVNOを使いこなせ|通信料を押さえるコツ

通信量を気にしない方法

会社

スマートフォンやタブレットなどを携帯電話会社の回線を用いて利用すると通信量制限にかかることがある。これを回避する対策としてあるのが、wifiルーターである。wifiルーターの比較では、電波を飛ばす距離と対応速度がある。

もっと読む

借りるとお得な携帯電話

スーツの男の人

海外のレンタル携帯を利用すると現地での通話がかなり安くなります。海外ビジネスをしたい時に活用するといいでしょう。またプライバシーの保護が保たれるためストーカー対策やセカンドビジネスにも適しているのです。

もっと読む

自分に合ったプランが可能

微笑む女性

キャリアの回線を借りて会社独自のサービス展開をするMVNOは料金を格安に抑えることができ、自分の用途に合わせたプランを選べるため人気を集めています。以前まではMNPに対応していませんでしたが、現在は対応しており使っている電話番号をそのままでMVNO先に乗り換えることが可能になっています。

もっと読む

通信料を抑える秘訣

通話する男性

その契約見直してみては

携帯電話がスマートフォンに代わって数年が経ち、いまや国民の半数以上がスマートフォンを持つ計算になるくらいまでになりました。電話やメールと言った基本機能だけでなくインターネットを介して様々な情報を得ることができて、とても便利な反面、月々1万円近く支払っている通信料に頭を抱えることはないでしょうか。そこで、昨今話題なっているのが、MVNOです。日本の正式名称は、仮想移動体通信事業者と言います。大手の会社に比べると知名度は落ちますが、近ごろは少しずつ知られてきており、今や200社以上がそのサービスを提供しています。このMVNOを使えば、1万円近くしていた通信料を劇的に下げられる可能性が十分にあります。今使っているスマホでどれくらい電話や通信をしていたかを調べてみましょう。

明細表をよく見てみよう

MVNOを使う前に、現状どれくらい電話や通信をしていたかは重要な情報となります。例えば、メッセージアプリなどを利用して電話の利用が少なく、通信量が5GB程度であれば、MVNOを利用すれば、2千円から3千円くらいとなっています。また、1回の通話が5分以内であれば電話かけ放題と言ったサービスやメールやネットニュースなどで通信速度があまり必要ない場合は月額500円程度の低料金のサービス、あるいは動画などが手軽に楽しめる高速通信使い放題が数千円で使えるなど様々なサービスも展開されています。現在使っている携帯電話料金の明細表を持って、ぜひ大型スーパーや家電量販店などでご相談をしてみてください。一工夫することで、年間数万円浮くかもしれません。