通信量を気にしない方法|MVNOを使いこなせ|通信料を押さえるコツ

MVNOを使いこなせ|通信料を押さえるコツ

通信量を気にしない方法

会社

通信量制限への対策

携帯電話会社などと回線契約しスマートフォンやタブレットをする場合、気になることとして通信の上限量がある。携帯電話会社では、一定の通信量を超えると速度制限がかかり、高速での通信ができなくなる。この制限を解除するためには、追加料金を支払う必要が出るなど、出費がかさむことになる。これらへの対策として広く利用されているものとして、wifiルーターがある。wifiルーターでは、家庭のインターネット回線に機器を設置し家庭内で無線通信を行う方法や、wifiルーターを持ち運びそれを経由して通信を行う方法がある。家庭内でwifiルーターを設置する場合、既にインターネット回線が引かれていれば機器を設置するだけで利用でき、通信量を気にする必要がなくなる。

購入時のポイント

wifiルーターを利用し家庭内で無線環境を構築する際、機器の購入が必要であるが、その機器の比較にはポイントがある。wifiルーターでは、電波を飛ばす距離が制限されている。また、壁などの障害物があることで、その距離が短くなるケースもある。これらの電波を飛ばす距離は、wifiルーターの性能にもよる。特に一戸建て住宅などでは、比較的広い範囲で電波を飛ばせるほうが便利となるため、この距離を比較して購入することが重要である。また、速度も比較ポイントとしてある。光回線では高速通信ができるが、wifiルーターの速度性能によりその高速通信の速度が制限されてしまうことがある。その為、高速通信に対応した機器の購入も必要である。