自分に合ったプランが可能|MVNOを使いこなせ|通信料を押さえるコツ

MVNOを使いこなせ|通信料を押さえるコツ

自分に合ったプランが可能

微笑む女性

選べる自由さがある

これまで利用していたキャリアの携帯電話と違い、人気を集めているMVNOというのがキャリアの回線を借りて会社独自のサービス展開をすることで料金を格安に抑え、自分に合う用途に合わせたプランが多くあります。解約する場合MVNOなら手数料は掛からない会社も多く、自分のライフスタイルに合わせて会社を変えやすい自由さが魅力です。データ通信だけを契約する方法や、殆ど電話とメール程度にしか使わないような人でも安い料金で提供しており、SIMロックが解除されたスマホの端末があればMVNOで契約する際に申し込むのはSIMカードのみで構わないのでわざわざ端末の購入をする必要がないです。費用を抑えたい場合なら中古でもスマホを購入することも可能なので、全体的にお得です。

電話番号がそのまま使える

今使っている携帯電話の電話番号を使用したい場合MVNOをする前に契約会社にMNPの申請をしてから、新たに契約したい会社に知らせることで、そのままの電話番号を利用できます。以前まではMNPに対応しておらず、電話番号には最近増え始めた070が用いられることが多くありましたが、MNPで従来の090や080の番号を使用することができるようになり、人に番号変更の知らせをする手間もなく乗り換えが可能です。もしも通話SIMを契約せずにデータSIMだけの場合はIP電話として050の利用も可能となりますが、掛かって来た相手側にとってはまだ浸透しておらず懸念される場合があるので予め番号を知らせておくと良いです。特に電話番号に拘りがない方や、現在持っている携帯のサブで活用する場合にも適しているでしょう。